ツアー?自力で?台北から十分・九份への行き方【子連れ台湾旅行】

台湾旅行に行くなら外せない、十分・九份!子ども達の一緒だったので、初めはツアーに申し込もうと思ったのですが、調べたら思った以上に簡単に行けそうだったので、自力で行くことに。子連れで無理なく、十分や九份へ行く方法をお伝えします。

目次

十分・九份へはツアー?自分で行く?

初めての台湾。加えて子連れとなると不安になります。そんな時、現地ツアーに参加すると、交通機関を気にすることなく安心して旅が出来ます。

台湾現地ツアー予約mytaiwantour

こちらのサイトでも、「のんびり九份・ランタン平渓1Dayツアー」というツアーがありました。ホテルへの送迎、ガイド付きでとっても安心。口コミもとてもいいです。

宿泊しているホテルまで、お迎え、送りがあり 自力で電車、バスを利用したら 同じ観光地でも行かれない所もいろいろと 案内していただいて、こちらに申し込んで本当に良かったです。 ツアーですが、自由時間もあり、素敵な台湾旅行の思い出が作れました。 ガイドのアンディさん(日本の方です)も、とても優しく親身になっていただき、車内でも台湾の色々なお話も聞くことも出来て 安心して観光することが出来ました。 また台湾に来たときは、是非またお世話になりたいと思います!

mytaiwantour

私も始めは、ツアー一択と思っていました。なぜなら、十分・九份へは電車でも1時間半以上かかり、何よりも子連れなので、安全を選ぶべきかと…。しかし、調べてみると、意外と自分たちでも行けそうな気がしてきました。

ツアー

メリット

  • 安心・安全
  • 確実性
  • +αの場所に行き、+αの情報が得られる

デメリット

  • 高い(大人10,000円~)
  • 車酔いに注意

自分で行く

メリット

  • 安い(往復の交通費とランタン上げで大人約1200円~)
  • 電車だと子どもでも息苦しくない
  • 車酔いしない
  • 天気や子どもの状況に合わせて柔軟に行動できる

デメリット

  • 不確実性(電車に乗り遅れたら…?などの不安)
  • 不安


台北から数時間車で、かつ山道を行くとあったので、車酔いしやすい子どものことを考えると、電車の方がいいと判断し、我が家はツアーではなく、自力でいくことにしました。

また、九份も楽しかったのですが、思ったよりあっさりと見終わってしまい、子どもの機嫌もあり早めに帰路につきましたが、そういった融通の利く点も個人活動の利点ではありますね。

十分・九份、特に、九份は夕暮れ時が最高に美しいようです。もし、夕暮れのタイミングを狙っていくのであれば、確実なツアーを検討するのもありかもしれませんね!

十分・九份への交通機関比較

九份や十分への行き方をざっくりと表すとこんな感じです。

まず、台北市内からバスで行く場合は、九份との往復のみになるので、九份と十分両方行く場合は、行きか帰りのどちらかを利用するようになります。また、九份⇔十分の移動は、一度「瑞芳駅」に戻るような移動になります。ちなみに、十分で「九份行きのタクシー」という看板を持ったタクシー運転手が沢山いました。その場合でも、山があるためショートカットが出来ず、結局瑞芳駅のそばを通って九份に行くルートになるようです。ちなみに、800元(3,520円)位だそうです。

我が家は、一番下のルートで、【台北】→電車→【瑞芳駅】→電車→【十分】→電車→【瑞芳駅】→バス→【九份】で行き、帰りはその逆で、【九份】→バス→【瑞芳駅】→電車→【台北】の方法で帰りました。

台北市からバスで行く場合

台北から九份へ行けるバスがあります。台北市内の忠孝復興駅から出て九份に停まるバスが15〜25分間隔であるようです。片道115元(約500円)。バスで行けるのはとっても楽ですね!所用時間は、1時間半~2時間。もちろんですが、混み具合によります。

メリット

  • 座ってるだけで着くので楽
  • 安い
  • 安心

デメリット

  • バス酔い
  • 到着時間が読めない
  • ずっと座れない可能性がある

子どもがいて、他の方と(しかも異国で)密室で1時間半から2時間というのは、我が家には難しいと思いバスはやめました。

台北市から電車でいく場合

電車となると、行先が十分でも九份でも「瑞芳駅」に行きます。台北駅からは「区間」という電車(日本いう区間快速いうイメージでしょうか?)で、50分位です。

基隆行きに乗ってしまうと、途中から瑞芳駅とは違う方面へ行ってしまうので、「基隆」以外の「花蓮」行きや「候硐」行きに乗るようにしましょう!!

そこから、十分に行く場合は、ローカル鉄道「平渓線」に乗り換えます。ローカル線なので、一時間に数本!乗り換え時間が長くなっても、「瑞芳駅」で時間を潰せないと思うので、後述の通り時刻表でしっかり調べてから、電車を選んで乗りましょう。

台湾鉄道はキレイで快適!台北駅から乗った時は乗客も多く席も埋まっていましたが、3~4駅すると徐々に人も少なくなり、台北駅出発ギリギリで乗った家族でも最終的にかたまって座れました。電車から異国の景色を眺めるのは楽しかったですよ。また観光客が多く乗っているので、降りる駅や乗り換えが分かりやすいです。

台湾鉄道車内。キレイでゆったり。
途中「百福」という縁起のいい駅も…

メリット

  • バスよりも密感がない
  • 時間が正確
  • 座れる可能性が高い

デメリット

  • 電車を乗り間違える可能性が(ゼロに近いけど…)ある

一番大事?日本での準備 時刻表でスケジュールを立てる

私は、こんな旅のしおりを作りました。

まず、時刻表ですが、台湾鉄道(Taiwan Railway)のサイトで調べました。

日本語にも対応しています!

検索方法詳細

PC

①日本語選択
②左上の…をクリックして「列車時刻照会」を開く
③検索条件を入力
※駅名を入力すると「**** 駅名」で候補が表示される
④照会をクリックすると「データがありません」と出る
※台北→十分は乗り換えが必要になるので、「乗り換え受付」を選択して再度「照会」
⑤設定時間前後の電車一覧が表示される


日本語を選択

検索条件を入力。時刻は、日本ではなかなか見ない方式。該当する時刻の数字をタップして「決定する」

PC同様「データがありません」と出ますが、「乗り換え受付」をクリック後、再度「照会」で候補が出てきます。

理想的な時刻をメモしておくだけでなく、私はスマホのブックマークにも入れて、現地でも検索しました。

というのも、子どもの都合で九份を予定より早く切り上げたため、メモしていた時刻の電車では、出発が遅すぎましたが、その場で検索して、ちょうどいい電車に乗ることが出来ました。

さて、出発前の準備ですが、その他にいろんな方のブログを参考にして、乗り場なども写真でしっかり確認!

と、かなり入念な準備をしましたが…大事だったのは、「時刻表」くらいです。というのも、十分や九份は台湾でも人気の観光地なので、看板も沢山出ていますし、同じような観光客が沢山いるので、どちらの方向に行くのかすぐ分かります。

分かりやすい瑞芳駅の乗り換え表示
  • 十分は滞在時間1時間位でいいかも
  • 昼食は九份と考えた方がベター
  • 十分へは「瑞芳駅」からの「平渓線」の本数が少ないので要注意!乗り継ぎに数十分かかってしまう場合も?

瑞芳駅から九份までは子連れならタクシーがいいかも!

十分から九份に行くのも、台北から九份に行くのも、「瑞芳駅」からバスかタクシーの乗っていくことになります。

バス乗り場は、駅から離れたところにあります。

九份に行くバスは以下の路線です。

  • 788
  • 827
  • 856
  • 965
  • 1062…台北からのバス

バスの頭にこの数字が書いてあるので、分かりやすいです。更に、バス停で待っている多くの人が九份行きと見られる観光客なので、迷わないと思います。

しかし、「瑞芳駅」から乗るバスは乗客が多く、座れない上に、くねくねの山道を登っていくので、危ない!なので、子連れでは「瑞芳駅」駅前に沢山停まっているタクシーで行くのがいいと思いました。

タクシーについてはこちらのサイトが詳細に書いてくれています
こちらのサイト交通機関のことなど詳しく書いてくれており非常に役立ちました!

瑞芳駅から九份までのタクシーの値段は定額の205元です。(※春節は特別料金)

andTaiwan

約902円ですね!まぁまぁな値段ですが…日本よりは安いか!

また、バスやタクシーを降りる場所ですが、九份は山岳地帯にあり下から上っていくと、初めに「九份派出所」、次に「九份老街」となります。上から下っていく方が観光はしやすいと思うので、「九份老街」で降りるのがいいと思います。

ただ、九份からそのまま台北までバスで帰ろうとすると、帰りのバスは「九份老街」→「九份派出所」の順番になるので、「九份派出所」で乗ろうとすると既に席がないということもあるかもしれません。私たちは昼過ぎに九份から台北へ帰ろうと、「九份派出所」の停留所で「瑞芳駅」のバスを待っていましたが、その間に台北に向かう【1062】のバスが来ましたが、既に満員でした。

以上、十分や九份への行き方をまとめました。メリットデメリットを比較して、ご家族にあった最適な行き方で、そして、最高の思い出が出来ますように…

\我が家は今回こちらで予約しました!/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次