【実体験】FP無料で家計相談してみた→保険の勧誘をお断りした話

当ページのリンクには広告が含まれています。
FPに無料相談してみた話

実は、現在、第3子を授かっており(さらっとご報告…)、現在妊娠7カ月です。そして、第3子を望むきっかけになったのは…FPの無料相談でした

この記事でお伝えした無料相談で、FPの方に、『仮に3人目がいても、今の家計でもやっていける』という太鼓判を押してもらえたことで、夫婦にとって第3子がより現実的な目標となりました。また、子ども達の中学受験についても、FP無料を相談を機に、前に進めることが出来ました。

つまり、FPの無料相談といえど、人生の転機のきっかけとなっています

とはいえ…FPの無料相談と言えば…保険の勧誘がつきものです

今回は、育休後の生活の相談と、家族が増えるにあたって我が家の保険を考え直すつもりで、再度FP無料相談をしてみました。

しかし…結果として、ご提案頂いた保険はお断りすることにしました。
なぜ?そして、どうやって断った?元生保レディーの私だからこそ知ってる断る際のポイント…など、今回のFPに無料相談してみた一部始終をお伝えします。

  • FPに家計の相談をしてもらいたい方
  • FPに家計相談したいけど、保険を売り込まれるのではないかと不安な方
  • FPに無料相談する際の注意点について知りたい方
目次

【体験談】FP無料相談の家計相談はメリットばかり!

冒頭でお伝えした通り、前回のFP相談の際(具体的な相談内容はこちらを参考にに、FPの方に家計を見ていただいたことで、我が家は「第3子」や「中学受験」などといった目標に向かって動くことが出来ました。つまり、FP相談が大きなライフイベントのきっかけとなっています。

ちなみに、今回は、産休中のことは復職後のこと(転職、独立などを含めて…)を相談させて頂きました。これまた、FPの方に背中を押していただき、ものごとが大きく前に進められそうです。

FPの家計相談には、以下のようなメリットがあります。

家計の状況を整理してくれる

「食費は?それは外食も含まれる?」
「光熱費はだいたいどれくらい?」
「月々の夫婦の収入は?預貯金は?」

…などなど、家計や資産について細かくヒアリングされます。FPの方曰く、これらの質問が明確に答えられる方は、まずは及第点。家計の状況を把握できていない方が多いらしいです

もし、把握できていなくても、FPの方もプロなので、家族構成や職業、その人の志向などとこれまでの顧客の状況などを鑑みて、ざっくりと家計状況を把握することが可能です。

FP相談をされる際は、我が家の家計・資産状況をざっと把握してから臨まれることをおススメします。

ヒアリングに答えていくだけでも、我が家の状況がクリアに整理されていきます。

ライフシミュレーションを作成してくれる

ヒアリングをもとに「ライフシミュレーション」を作成してくれます(※作成をしないFPもいます!)

ライフシミュレーションとは、家族構成や収入状況・将来の計画などを視覚化したもので、未来の収支状況をグラフで確認することができます

一度作成してもらうと、将来の見通しもつきますし、家計管理の目標も出来るのでおススメです。

不安に思っていることにプロが答えてくれる

例えば…

「夫が転職を考えているんだけど、今よりもお給料が不安定になるので心配…」
「子どもを小学受験させたいけど、2人とも私立で行けるのか心配…」
「フリーランスになりたいけど、大丈夫?」

など、不安に思っていること挑戦したいことが、我が家の家計・資産状況で大丈夫かを具体的に相談することが出来ます。

お金が全てではないけど、子どもにお金のことで苦労はさせたくない!これは、どの親御さんも思っていることではないでしょうか…。

とはいっても、不安ばかりでやりたいことに挑戦しないのもよくない!と、私は強く思います

だからこそ、お金の面での不安を取り除く必要があるのです。

我が家の家計・資産状況をFPの方に把握して頂いた上で、不安や希望をぶつけてみましょう。背中を押してもらえるかもしれません。もしくは、より夢に近づくためのアドバイスをしてくれるはずです。

FP相談はなぜ無料なのか?→保険会社からの手数料があるから

我が家にとっては、人生転機のきっかけにもなった、FPによる家計相談。

オンラインといえど、FPの方も我が家のために、数時間かけてくださいます。そんなFP相談が「無料」というと、不信感を持たれる方もいるかもしれませんが、相談自体には、一切お金はかかりません

なぜFP相談が無料かというと…、FPは「(保険商品などの)金融商品の販売によって、保険会社から販売手数料を得られる」という収益が見込めるからです。
もちろん、無料相談した人が全員保険に入るわけではありません。そのうち何割かが保険など金融商品の契約をしてくれれば、FPは手数料を得ることができるというわけです。

FPからの保険の提案を受け、その保険商品が気に入れば、保険会社と保険契約を結ぶことになります。そこで、初めて「わたしたち」はお金を払うことになります。ただ、それは、FP相談に対してではなく、その保険商品に対しての対価です。

【実体験】FP相談の保険の提案を断ることは出来るのか?

今回、FPの方から私(妻)の保障が全くないことを指摘されました。

私に万一のことがあったら…夫は今の仕事を続けるために、家のことを”外注”しなければなりません。シッター代、家事代行代…色々とかかります。そういった考えは一切なかったので、急いで自分の「生命保険」について検討しました。結果として、提案頂いた生命保険よりも、夫の会社の団体保険が割安だったので、そちらで入ることに決めました。

その他にも、FPの方からは、「医療保険」「貯蓄系商品」などを提案されたのですが、それらも検討の結果お断りすることにしました。

では、どのように断ったのか…??

気まずければメールで断るのが一番

色々と相談に乗ってくれたFPの方に対して、「気まずいから」「申し訳ないから」という理由で、次のアポをドタキャンしたり連絡を無視したりするのは絶対にNG!

「連絡なし=お断り」とFPの方も判断しません。最低限のマナーとして、お断りの連絡は必ず入れるようにしましょう。

という私も…やはり、家計相談のフェーズで背中を押してもらった分、お断りするのは申し訳なく気が引けました。なので、検討した結果をメールにてお伝えすることにしました。

メールも失礼?と思うかもしれませんが、保険に入らないと決めているのに、アポイントでお時間を頂く方が、もっと失礼になると思います。

断る理由を明確に伝える

「保険 断り方」で検索すると、中には、「断る理由を伝える義理はない」と記載されているサイトもありますが、私は理由を伝えた方がいいと思います。

私が10年程前、生保レディをしていた際は、
「夫の団体保険の方が掛け金が圧倒的に安いから。」
「自動更新で、1年始まっちゃったから…。」
「いざとなったら高額療養費(※後述)でまかなえると判断したから…」

などの理由で断られると、上司に相談しても「これは仕方ないね…」とその後のアタックをやめていました。

保険は個人の志向なので、他人にとやかく言われたくないですよね。そのことをFPの方も判っているはずです。「私はこう考えています」というのを強く伝えたら、再度アタックされることもないでしょう。

ちなみに…高額療養費制度についてはこちらが分かりやすいかな?

私も同様の考えて、入院日額〇〇円といった医療保険には入っていません。その代わり、がんなどの三大疾病になった場合に、一時金が出るような保険に入っています。

【実例】意外とすんなりお断り出来た

私は、こんな感じでショートメールでお断りしました。

お断りのポイントは…

  • 結論を先に述べること
  • 明確な理由を伝えること
  • 次回のアポをキャンセルしたい旨をちゃんと伝えること
  • 時間を割いて頂いたことへの感謝を伝えること

すると、意外とすんなりと…

FPの方から「キャンセルとのこと承知しました」と返信が来ました。

お互いが気持ちよく!FP無料相談時の注意点は?

家計相談から保険提案までの、一連のFP無料相談を通して、注意したい点は以下の通りです。

FPの無料相談での注意点
  • 家計相談で聞きたいことを始めに具体的に伝える
  • 最新の保険を知ることにデメリットはないという心構え
  • 保険に対する意思を一貫して伝えること

①家計相談で聞きたいことを始めに具体的に伝える

「家計相談」は「保険勧誘」の入り口です。

わたしたちにとっては、「家計相談」がFP相談のメインの目的となりますね。一方で、FPの方にとっては、「保険勧誘」が目的となります。

ただ、FPの方にとっても、この「家計相談」で信頼を得ることは、次のステップである「保険勧誘」を優位に進めるために大事なフェーズでもあります

つまり、「家計相談」を充実した時間にすることは、お互いにとってメリットがあることと言えます。

そして、「家計相談」でFPの方のペースで、ヒアリングだけに終わらないようにするために…

「私は今回のFP相談で、こんなことを解消したい!」

ということを始めにちゃんと伝えておくことにしましょう。その答えがない限り、「保険の勧誘」には進めないので、FPの方は、誠実にプロとして答えを導き出してくれるでしょう

私も今回のFP相談の際に、「今回相談したいことは2点あって、~~~と…です。」と明確に伝えました。

②最新の保険を知ることにデメリットはないという心構え

ハナから「保険は入らない」と決めつけないことも大事です。保険について最新の情報を知っておくことは非常に重要です。

もしかしたら、保障内容は変わらないのに、保険料がぐんと安くなるかもしれません。そうなれば、(貯蓄性がある商品以外は…)保険を変更しないメリットはないと思います(貯蓄性がある商品以外)

③保険に対する意思を一貫して伝えること

「この保険に入った時は、こういう意図があったから。」とか…
「掛け捨ては嫌だ」とか…

出来るだけ、自分の強い意志を伝えるようにしましょう

このことは、その気持ちにあった保険を提案してくれるというメリットがあるだけでなく、保険を売り込まれにくいというメリットもあります。どういうことか…何となく保険に入っている人の方が、保険を売り込みやすいからです。

また、もし保険を断るとなっても、意思が首尾一貫していれば、断りやすいです。

ちなみに、私の場合、
「医療保険は今のところ要らないと思っている。」
「掛け捨てになる保険はあまり好きじゃないけど、極端に安ければ気になる。」
「貯蓄系は、投資信託で引き続きやっていきたい。」
などを、ヒアリングの時から言っていました。

これらは全て個人の志向なので、もしFPの方がこの志向について即否定してくるようでしたら、そのFPの方は親身になっているとは言えません。共感した上で、「こういう考えもあるよ」と寄り添ってくれるFPの方が信頼できるでしょう。

おススメのFP相談は「保険チャンネル」

FPの無料相談で私が毎回利用しているのは、「保険チャンネル」です。

前回も今回も、保険チャンネルを介して紹介されたFPの方に家計相談をすると、非常に的確な答えが返ってきて、前向きな未来に背中を押してくました

また、保険チャンネルは運営母体がリクルートなので、安心感もあります。

さらに…保険チャンネルの無料相談&面談完了で、LAWSON【お持ち帰り限定】対象のハーゲンダッツ(税込351円)いずれか1つx3枚チケットがもらえます。

保険チャンネルより

こちらは、保険の加入の有無関係ありません。というのも、1回目の面談(家計相談)が終わった後、2回目の面談(保険の提案)までの間に、このギフトチケットがメールにて届きました。

他にも、FP相談をお願い出来るサイトはありますが、どこのサイトを選んだとしても、FPの方を選ぶことは出来ません。つまり、いいFPの方にあたるかどうかは、分かりません。ならば、もらえるプレゼントや安心感で選ぶのもありかもしれませんね。

万が一、FPの方が合わなかった場合でも、担当のFPさんを変更できるので、安心です。

担当FPの変更が可能なので安心

ご紹介するFPはお客様のご希望や夢を叶えるサポートを行うので無理な勧誘やしつこい営業は行いません。万が一そのような場合には担当のFPを変更することも可能です。

保険チャンネルHPより

ちなみに…2023年10月時点で、無料プレゼントが良さそうなのは、こちらかな?

1,500円分のギフトカードは嬉しい

住宅購入などの大きなライフイベントは、無料ではなく有料FP相談も検討を

ここまでFPの無料相談について見てきましたが、有料のFPさんを頼るのも一つの手です。

我が家も8年前に住宅を購入する際、1時間1万円で住宅専門のFPさんに相談しました。私がちょうど読んでいた、住宅ローンについて書かれた書籍の作者の方のHPで、FP相談をやってくれることを知って、銀座の事務所に行きました。

住宅ローンは、この先数十年に渡るので、専門性が高いFPの方に相談したかったからです。また、FPの方にとっての対価は支払い済みなので、保険勧誘がなくあと腐れがないという点も有料のメリットです。

【まとめ】人生の転機になるFPの無料相談はおすすめです

私は、家族の夢を実現するために、FPの無料相談はとてもおすすめだと思います。

元生保レディーとお伝えしましたが、私自身はガツガツ行けるタイプではなく、ノルマを全く達成できないダメダメ営業でした。何が言いたいかというと、FPに相談するのが、怖かったり、恥ずかしかったりする気持ちが、すごく分かります。また、保険を断るのが苦手てで「FP相談=保険に加入」と思ってしまうのも理解が出来ます…。

でも、それらは一時的な感情。そのずっと先の未来のことが、無料でプロのFPに相談できるというのは、とてもいいチャンスだと私は思います。現に、FP相談がきっかけとなり、我が家の未来は動き始めました

また、「家計相談」は、FPの方にとっても重要なフェーズになるので、きっと親身になって相談にのってくれることでしょう。

みなさんも、気楽な気持ちで、FP相談をしてみてはいかがですか?

この記事がどなたかの人生の転機のきっかけのきっかけになると幸いです…大袈裟か…

ハーゲンダッツプレゼント

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次