【私は〇〇に決めました】主婦ママ向け「WEBデザイン講座」比較

当ページのリンクには広告が含まれています。

第三子出産にあたっての産休・育休を利用して、WEBデザインの講座を受講することにしました!!

WEBデザインの講座を決めるにあたって、沢山の会社を比較検討したので覚え書きとしてまとめました。

果たして、私はどの講座に決めたのか…?!

今なら経産省推進するリスキリングの補助で受講料が、50%キャッシュバックされる講座もあり、スタートさせるのには最適です。

これからWEBデザインのスクールを探し始める方の参考になれば幸いです。

  • WEBデザイン講座を探し始める方→各社のざっくりとした特徴が分かります
  • 主婦・ママでWEBデザインに興味のある方

私が比較した講座のみピックアップしているので、全ての講座を網羅しているわけではありません
ただ、この記事を読めば、今後、他の講座を含めて選ぶ際の基準の参考にもなると思います。

目次

WEBデザイン講座探しの「軸」を決める

まず第一歩として、WEBデザイン講座探しの「軸」を決めることが大事です。私の場合は以下の通りです。

  • デザイン重視のWEBデザイン講座
  • 講師への質問がしやすい講座
  • 経産省の補助が使える講座
  • 課題やそれ以外の作品に対する指導の手厚さ
  • 転職サポートの手厚さ

あとは、子育て中のサポートがあるともっといいなと思って、その点も注目していました。

デザイン重視のWEBデザイン講座

WEBデザインとは、Web上に表示されるページの見た目に関する制作を行うことを言います。

グラフィックというと、illustratorやPhotoshopなどのソフトを使うというイメージは皆さんもあると思います。 この領域だけを担当するなら「グラフィックデザイナー」という職種があります。グラフィックデザイナーは、主に紙に印刷するポスターやフライヤーなどをデザインするデザイナーのことを指します。

WEBデザイナーは、その後の工程「コーディング」もしていきます。コーディングとは、デザインを画面上に表示させたり動かしたりするように、パソコンに指示を出すためにプログラミングをすることです。htmlやcssなど聞いたことがあるのではないでしょうか?

ただ、最近はWEBデザイン業界でも分業化が進んでおり、「グラフィック」と「コーディング」で役割分担がされている場合もあるようです。しかし、「コーディング」を知らないで「グラフィック」を作ると、後の「コーディング」で支障が生じてしまう可能性があります。つまり、WEBデザインをするには、「コーディング」の知識も不可欠ということです。

WEBデザイン講座選びの際には、「デザイン」「プログラミング」のバランスが大事です。講座によって「デザイン寄り」「プログラミング重視」など、何となく特徴が見えてくると思います。

私は、せっかくならデザインをしっかり学びたいと思って、「デザイン重視」の講座を選ぶようにしました。

講師への質問がしやすい講座

基本的にオンラインをメインに受講する予定なので(※今の時代、多くの講座がオンライン受講)、分からないことがあった時に気軽に講師の方に質問できる環境がある講座がいいと考えました。

講座によっては、チャットツールを使ってのテキストベースでの質問、zoom、校舎に出向いて対面での質問など、さまざまです。また、回答へのレスポンスの速さや回答時間(平日〇時~〇時までなど)も比較していました。

経産省の補助が使える講座

デジタルハリウッド【公式】HPより

経済産業省による「リスキリングを通じたキャリアアップ支援事業」によって、講座費用が最大70%キャッシュバックされる制度があります。

具体的には…、補助事業者(=WEBデザイン講座)から講座の受講や転職支援のサービスを受け、条件を満たすことで、最大で受講料の70%(56万円)の給付を受けられるというものです。


対象になるかどうかも必ず個別相談会などで聞いて見ましょう
各事業者によって「枠」に限りがあるので、詳細は各補助事業者に

恐らく年初は「何かを始めたい」という方からの需要で、リスキリング補助枠も埋まってくる可能性があるので、興味のある方は早めに検討されることをおススメします!!

課題やそれ以外の作品に対する指導の手厚さ

各講座では、illustratorやPhotoshopなどのグラフィックソフトを学んだあとに、名刺作成・バナー作成などといった課題があったり、コーディングを学んだあとにオリジナルサイトを作成する課題があったりします。

その課題が、後の転職活動やフリーランス、副業で活躍する際の「ポートフォリオ」にもなります。
ポートフォリオとは…デザイナーが自分の作品をアピールするためのファイル。

例えば…デジタルハリウッド STUDIO by LIG 卒業生ポートフォリオ。完成度がかなり高いですね。

私は、出来るだけ受講期間中に沢山の作品を作って、講師の方に指導してもらいたいなと思いました。
講座によっては、講師に相談し放題というところもあれば、課題以外の相談はNGなんてところもあります。

受講期間中にこのサイトもリニューアルして講師の方に見ていただきたいと思っています。

転職サポートの手厚さ

「未経験でWEBデザイン業界に転職」ってかなりハードルが高いと感じませんか?私も、正直不安に感じながらスタートしています。

各講座の説明会(※そのほとんどがzoomによる個別面談)で、その点についても詳しく聞きました。

【独断と偏見】各WEBスクールの私のイメージ

私が上記の軸をもとに、いろんなWEBデザイン講座を比較した際の情報をまとめました。あくまでも、私の【独断と偏見】となりますので、実際に皆さんが体験講座や個別相談などを受けて感じ取る印象と違うかもしれません。

Famm(ファム)

famm【公式】HPより
印象を独断と偏見で…

受講期間1カ月と短めで本格的にWEBデザインを学びたい方には中途半端かも。
シッターサービスが魅力。乳幼児がいて短期集中で学びたい方。

シッターサービス無料

特徴は何と言っても、「シッターサービス無料」。追加料金なしで、自宅に無料でベビーシッターを派遣してくれます。お子様が保育園や幼稚園、小学校に通っていて、シッターサービスが不要のママにとっては、その分の費用を払っていると思うと微妙ですね…。

スキル面の専門性は中途半端?

受講期間が1カ月と短いので、本気でWEBデザインを学びたい方にとっては少し中途半端な印象。

ただ、受講期間終了後でも、100スキルが無料で学び放題なのは嬉しいですね

入園前のお子様を育てているママさんで、シッターさんに預けてリフレッシュしながら、「デザインをやってみたい」方にはとてもいいかも

スクロールできます
受講期間1カ月※受講終了後にも多数の動画授業受け放題
受講料184,800円(税込)
デザイン重視のWEBデザイン講座
講師への質問がしやすい講座
経産省の補助が使える講座
課題やそれ以外の作品に対する指導の手厚さ授業を一緒に受けるママ8名程度と講師が参加するオンライングループ内で、講義以外でも宿題・課題の提出や講師からのフィードバックを受ける。
転職サポートの手厚さ転職サポートなしで、主婦の「お小遣い稼ぎ」目標のイメージ。ただ「5件までのお仕事保証」があるのはありがたい?
2023年11月末時点

\シッターサービスが魅力

SHE likes(シーライクス)

SHElikes【公式】HPより
印象を独断と偏見で…

知識・スキルの専門性は低い。広く浅く学びたい方
コーチングコミュニティが魅力。

コーチングが売り

私の印象としては、コーチングエンパワーメント的な要素が強い印象
具体的には以下の通り…

  • 月1回のコーチングで目標への進捗確認
  • 様々コミュニティを通じて他の受講生と交流できる

「無料体験講座」に参加すると、雰囲気が分かると思います。これが心地いい!という人と苦手…という人にバッサリ分かれるのではないかと思います…。

スキルは広く浅く習得?

スキル面に関しては、全40以上の職種スキル動画が受け放題。定額のサブスクのイメージです。

他のWEBデザイン講座では「WEBデザイン」という括りがメインなので、コピーライティングやマーケティング、SNS運用などなど、多岐に渡る講座が受けられるのはメリットだと感じました。

個別で質問が出来ない

ただ、個別での質問が出来ない点がデメリットだと思います。分からないことがあれば、「もくもく会」という15人位が集まるzoomのコミュニティに参加して、その場で他の受講者がいる中で質問する感じらしいです。

あくまでも、コミュニティ重視という感じですね…。

無料体験会に参加しましたが…なんか…「若い!」「キラキラ!」という雰囲気に圧倒されたアラフォーでした…。

スタンダードプランの場合

スクロールできます
受講期間6か月受講期間は1カ月から。サブスク。
受講料
※1カ月あたり
256,080円(税込)
※42,680円
全プラン共通で入会金162,800円(税込)
月額12,334円~受講期間を長く設定すれば価格は安くなる。
デザイン重視のWEBデザイン講座
講師への質問がしやすい講座月1度のコーチングはWEBデザイナー講師ではなくコーチング講師質問は複数受講者が参加するzoom内で。
経産省の補助が使える講座
課題やそれ以外の作品に対する指導の手厚さマンツーマンでの指導はなく、他の受講者も参加するzoomの中でのアドバイス。
転職サポートの手厚さコンペで仕事を募集しているようだけど、競争率も高く、仕事がとれたとしても単価も数万円規模と副業向け?
2023年11月末時点

\WEBデザインに限らず可能性を広げたい方/

TechAcademy(テックアカデミー)

TechAcademy【公式】HPより
印象を独断と偏見で…

デザインよりもプログラミング寄りマンツーマンでしっかり学べる
転職サポートが手厚いとの口コミが多い。

テックアカデミーの印象としては、「プログラミング」と「転職サポートの手厚さ」です。

プログラミングの専門性が非常に高い

先にお伝え下WEBデザインとは?で出てきた図では、後半の「コーディング」部分がメインのthe プログラミングのイメージです。質問も即時回答ということなので、プログラミングのバグなどをすぐに解決できるのはいいですね。一方で、デザインをしっかり学びたいという方は少し違うかもしれません…。他にもCodeCampが同じ部類になると思います。

転職サポートがすごい

テックアカデミーは、転職のサポートがすごいという口コミを沢山みました。担当メンターの面倒見がかなりいいらしいです。プログラミングで本気で転職や副業を考えているという方には、とてもいいのではないでしょうか?

テックアカデミー【公式】HPより

はじめての副業コース

スクロールできます
受講期間8週間4、8、12、16週間から選べる
→短期集中型が希望の方には
受講料
※1カ月あたり
372,900円(税込)
※186,450円
4週間:284,900円(税込)※、12週間:449,900円(税込)、16週間:526,900円(税込)※4週間はリスキリング補助対象外
デザイン重視のWEBデザイン講座受講生の課題作品ページを拝見しましたが、デザイン性はあまり高くない感じでした。
講師への質問がしやすい講座チャットサポート毎日15:00~23:00で即時回答
経産省の補助が使える講座
課題やそれ以外の作品に対する指導の手厚さ
転職サポートの手厚さ卒業生限定のテックアカデミーワークスで確実に副業を始められるサポート体制
2023年11月末時点

\プログラミングで本気で転職に取り組む方/

デジハリ・オンラインスクール

デジハリオンライン【公式】HPより
印象を独断と偏見で…

満足度93.6%の映像教材がいい。デジハリで学ぶミニマムなイメージ。

映像教材がすごい

WEBデザインで必要な、グラフィックソフトのスキルやコーディングの知識は、映像教材でインプットしていきます。この映像教材の口コミを調べるととても良かったのです。

アウトプットはいくらでもOK

個別相談の際に伺った話ですが、卒業制作は課題以外のものでもOKとのこと。このがんプリサイトをリニューアルさせる課題でもいいか聞いたところ、大丈夫と言われました。

映像教材は以降に紹介するLIGや主婦・ママクラスでも受けられるので、デジハリの中ではミニマムな印象。

Webデザイナー講座在宅・副業プラン

スクロールできます
受講期間7カ月
受講料
※1カ月あたり
393,800円(税込)
※56,257円
デザイン重視のWEBデザイン講座卒業制作
講師への質問がしやすい講座・質問回数無制限のチャット相談
・完全予約制のzoom個別相談※当日予約もOK
経産省の補助が使える講座終了時50%キャッシュバックで実質196,900円
課題やそれ以外の作品に対する指導の手厚さ・小課題添削回数:各3回まで
・修了課題添削回数:無制限
転職サポートの手厚さ就転職サポート制度
2023年11月末時点

\動画教材の質がいい/

デジタルハリウッド STUDIO by LIG(リグ)

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG 【公式】HP
印象を独断と偏見で…

現役のWEBデザイナーから学べる!デザインを磨くにはトップレベル
価格が若干高め

数多くのデザインアワードを受賞しているWeb制作会社LIG(リグ)が運営するWebデザインスクール。つまり、本場のデザインが現役WEBデザイナーから学べのが最大のメリット!

デジハリ・オンラインの映像教材を使う

デジハリオンラインの動画教材で基礎を学びます。この点は、次に紹介するデジハリSTUDIO主婦ママクラスも同じです。また、オンラインだけでも完結しますし、校舎に通って対面で講師に質問をすることもできます。通える校舎は以下の通りです。

  • 上野校 
  • 池袋校 
  • 大宮校 
  • 北千住校 
  • 川崎校 
  • 町田校

課題を現役WEBデザイナーに質問・相談できる

多くの方が卒業制作に「クライアント案件」に取り組むようです。「クライアント案件」とは、その名の通り実際に自分でクライアントを取ってきて、ヒアリングからデザイン、コーディングという一連のWEBデザインのフェーズを踏んで、納品すること。実際のお仕事になるので、もちろん卒業後に活躍するためのポートフォリオにもなりますね。ちなみに、SNSで自分からアタックしたり、馴染みのあるお店に話を持ち掛けたりして、皆さんは案件を取ってくるそうです。

そんな卒業制作に対しても、質問は無制限!しかも、相手は現役で活躍するWEBデザイナー!卒業時には質の高いポートフォリオを作ることが期待出ますね

LIGのLIVE授業

Webデザイナーとして働いていく上で必要なスキルが身につくLIGオリジナルのLIVE授業も魅力の一つ。具体的には…

  • 配色、フォント、レイアウト講座
  • Web制作に関わるマーケティング講座
  • 転職セミナー ・ポートフォリオ講座

WEBデザイン業界は移り変わりが早いので、その時の時流に合った情報を知ることが出来るのは、とても重要

「Webデザイナー専攻」の場合

スクロールできます
受講期間6か月
受講料
※1カ月あたり
495,000 円(税込)
※82,500円
デザイン重視のWEBデザイン講座卒業生のデザインのレベルが非常に高い
卒業制作
講師への質問がしやすい講座平日:10:00-22:00※月曜日のみ:10:00-19:00) 土日:10:00-20:00で、校舎とオンラインで直接トレーナーに質問可能
経産省の補助が使える講座終了時50%キャッシュバックで実質247,500円
課題やそれ以外の作品に対する指導の手厚さ質問無制限。質の高い指導を受けられる。
転職サポートの手厚さ就職・転職サポート
2023年11月末時点

WEB面談の方もすごく丁寧で好印象でした。変な押し売りもなし!最後までここと迷いましたが、デザインをそこまで極めたいか…ということ と コストの面で天秤にかけました…。

\デザインの習得がかなり期待できる!/

デジタルハリウッドSTUDIO 主婦&ママクラス

デジタルハリウッドSTUDIO 主婦・ママクラス【公式】HPより
印象を独断と偏見で…

スキルの専門性も高く主婦ママの特権を活かせる!コスパもいい。

主婦・ママの特権を活かせる

子どもと一緒にゆったり学習できる設備やキッズスペースがあり、更にシッターサービス(+3万円)もあります。
各STUDIOで主婦・ママクラス専用時間があり、他の受講生を気にすることなく子連れでも学習できるのも嬉しい。
火曜:STUDIO立川 水曜:STUDIO渋谷・新宿 木曜:STUDIO渋谷・吉祥寺・自由が丘 金曜:STUDIO自由が丘 ※各10時~12時

また、妊婦さんのための無料の休学制度があるのも、他ではないメリットです。

コスパがいい

主婦・ママクラスのメリットでもデメリットでもあるのが…個別トレーニングの時間制限があること。
zoomで質問が出来るのは、平日は10:00-17:00のみ。土日や夜間は主婦・ママクラスの受講生は質問が出来ません。

ただ、その分受講料がお得というメリットがあります。例えばデジハリオンラインが393,800円なのに対し、主婦・ママクラスは、校舎利用やクラス授業などがついているのに、346,500円(税込)とお安くなっています。

現役クリエイターによる実践的な作品指導

基礎はLIGと一緒で、デジハリの映像授業でインプットしていきます。こちらの主婦・ママクラスもアウトプットに対してサポートが充実しています。校舎に行って直接、もしくは、zoomで現役クリエータの講師に作品の指導を受けることが出来ます。

授業の体験に参加した際に、受講生の皆さんのレベルの高さに驚きました。また、「あしらいはこっち方がいいんじゃない?」、「ユーザーは△さんが思う程、気にしない箇所だと思うよ…」とか、講師の方にフラットに気軽に質問が出来、それに対して的確に答えが返ってくる環境がとてもいいなと感じました。

Webデザイナー専攻 主婦・ママクラス キャリアデザインプログラム

スクロールできます
受講期間6か月+就転職パックの場合は、10か月
受講料
※1カ月あたり
346,500円(税込)
※57,750円
+就転職パックの場合は、445,500円(税込)
デザイン重視のWEBデザイン講座現役クリエイターによる実践的な作品指導
卒業生クライアントワーク事例
※就転職パック
講師への質問がしやすい講座校舎で直接、またはオンラインで。平日10時~17時までという制限アリ。
経産省の補助が使える講座終了時50%キャッシュバックで実質173,250円
課題やそれ以外の作品に対する指導の手厚さ卒業制作の課題以外にも自分の作品を作ってもいいとのこと。
転職サポートの手厚さ就職サポート
2023年11月末時点

\主婦・ママおすすめ!!/

私は〇〇に決めました!理由は???

Macbookも買いました!ガチで学びます!

これまでの流れで察した方も多いと思いますが…結局、私はデジタルハリウッドSTUDIO 主婦・ママクラスに決めました。決め手になったのは…

決め手①コスパ
デジハリオンラインの映像教材が使えてこの価格!コスパがいい理由は、個別トレーニングに平日10時~17時だけという時間の制約がある分、受講費を安くしてくれているから。主婦の私は、どうせ夕方以降も休日も学習時間が取れないと思うので、ちょうどいいと思いました

決め手②休学制度
出産を控えている私。一番余裕のある産前休暇中に集中的に学び、産後は休学制度を使わせて頂き、落ち着いたらまた復学しようと思います。なお、主婦・ママクラスは、偶数月からスタートし、復学も偶数月から後からスタートする受講生と合流する感じみたいです。

決め手③ほどよいコミュニティ
オンラインで講師とマンツーマンで…とも思ったのですが、どうせなら、主婦・ママというコミュニティがあったらいいなと感じていました。「コミュニティ」がある講座もありますが、〇〇だと若すぎる…△△だとガチ勢が多いのでは…と、ちょうどいいコミュニティがないな…と思いましたが、デジハリオンラインのの主婦・ママクラスならちょうどいいと感じました

【まとめ】始めるなら今がチャンス!

ここまで長々と私が比較したWEB講座についてお伝えしました。

調べれば調べるほど、きっと悩んでしまうので、まずは、ファーストインプレッションで「個別相談」を受けてみるのが早いと思います SHElikesの体験は、「本日の申し込みで~~~」という特典を提示されましたが、それ以外は、特に「今日決める」というプレッシャーはありませんでした!

「やってみようかな?」と思った時がはじめどきですし、更に、今なら経産省の補助で受講料の50%がキャッシュバックする制度も活用できるかもしれません。

私も思い切って、一歩を踏み出しました!

みなさんも一歩を踏み出してみませんか?

\シッターサービスが魅力

\WEBデザインに限らず可能性を広げたい方/

\プログラミングで本気で転職に取り組む方/

\動画教材の質がいい/

\デザインの習得がかなり期待できる!/

\主婦・ママおすすめ!!/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次