【6月17日号】読売KODOMO新聞を子どもと読む時のネタ

【6月17日号】読売KODOMO新聞を子どもと読む時のネタ

皆さん、読売KODOMO新聞を購読していますか?

我が家の子ども達も大好きです!

私は、毎週子ども達が読む前にひと通り目を通しています。

そして、子ども達と読む時に、何か面白いネタがないか…?と探します。そのネタで面白いものがあれば…こちらのサイトでも紹介していきたいと思います。

お子様と御覧になる際、是非、活用して頂ければと思います!!

今回私が注目したのは…1面、2面の「鉄道駆け抜け150年」

高輪ゲートウェイ駅周辺の工事で見つかった「高輪築堤」の特集と、そこから見えてきた鉄道の歴史です。

これを読んで無知の私は、「あそこら辺も大昔は海だったの?」と驚きました。

お台場や豊洲や有明などは埋立地だということは知っていましたが…そこで、東京湾の埋め立てについて興味が沸きました。

こちらのサイトが端的に分かりやすく説明してくれていました。

このコラムを真似して、息子にもこんなプリントを作ってみました。

がんプリママ
埋立地の形ってどんなのだと思う?!

なんてヒントを出しながら…

また、こちらのサイトも面白いですよ。

これで「首都圏」を選ぶと東京の地図がふたつ出てきます。


「今昔マップ on the web」((C)谷 謙二)より作成したものです。

左が昔の地図、右が現在の地図です。左欄の年代を選ぶと、表示されている左の昔の地図がどんどん変化していく様子がよく分かります。左の地図を拡大・縮小、または場所を移動すると、右の地図も連動して表示されます。

紙面の鉄道の歴史とは少し、話が変わってしまいますが、お子様と地形が変わっていく様子を見るのも楽しいと思いますよ。

 

 

子育てブログカテゴリの最新記事