私が【がんプリ】を始めたきっかけ

私が【がんプリ】を始めたきっかけ

長男が3歳10か月の時に始めた、私流の家庭学習…、プチ反抗期、私のイライラが幾度とあったことか…。

それでも、我が家では家庭学習が確立しています。

そのきっかけについて…お話します。




きっかけとなった1冊の本『「東大に入る子」は5歳で決まる』

育児休業中、本屋さんで何気なく手に取った本に感化されました。和田秀樹さんの『「東大に入る子」は5歳で決まる』という本です。


このキャッチ―なタイトルに惹かれ読んでみました。私なりに重要だと思った点は3点

・幼児期の「根拠のある自信」がその子の将来を決める
・「根拠のある自信」は小学校に入るまで親との家庭学習で身につく
・先取学習の目標は小学校入学前に小学2年~3年

この本の詳細はこちらに記載しています!

この本を読んでしまったがために、親の責任についてもう大きな一つ柱が増えた…そんな気にすらなるくらい、「これはやらなければ」と感じました。そこで早速、当時3歳10か月の息子と市販のテキストで家庭学習をスタートさせました。

市販のプリントなどをやってみたけど…全然ダメだった…

七〇式、公〇式…プリントを買ってみて、色々やってみました。
しかし、まるでダメ…やる気ゼロ、集中力ゼロ…すぐ立つ、すぐふざける…母怒る…。
勉強の楽しさを伝えたいのに、私が怒っちゃダメだ…。

がんプリママ
がんプリママ
今考えたら当然だったかも…3歳ちょっとの男子に急に勉強!といっても、そりゃそうなります…。

しかし、こどもちゃれんじのダイレクトメールに入ってくる教材のサンプルは楽しんでやるんです。
イラストが多いし、子どもが好きな要素盛りだくさんですからね。

責任転嫁は良くないですが、この子がやる気を出さないのは教材に問題があるんだ!
そこで、PowerPointで当時息子が大好きだった仮面ライダービルドの写真を使ったプリントを作成しました。

幼児プリント,子ども,プリント

すると、息子は喜んで取り組んでくれたのです。これは行ける!と、調子に乗ったあの時から半年…私が作った「がんばるプリント“がんプリ”」は250枚 2018年11月で300枚 2019年8月で500枚 2021年1月長男・次男合わせて…もはや何枚か分かりません…約1,000枚?超えたかな??!!。

共働き家庭でドタバタの毎日ですが、毎朝5分、夜30分の「がんプリタイム」は毎日続いています。
今のところは順調と言わせてください!

幼児教育における私の目標

最終目標は「根拠ある自信を付けてもらう」です。これは息子でしか実感できないものです。

そのために親の私が関われる目標は…「家庭学習の習慣を付ける」これに関しては、定着しつつあるので、そろそろ及第点かな…と。

次なる私の目標は…「小学校入学前に小学2年~3年の内容を先取り学習する」ことです。
2018年11月時点で息子は繰り上がり足し算(答えが10以上になる足し算)を頑張っています。
このまま順調にいけば、それほど高い山でもないかもしれません!そう信じて日々がんプリを作っています。

皆さんも一緒に頑張りましょう!

がんプリ開始から3年間が経ちました…息子は自信がついてきた?

【2021年1月25日更新】
長男は、今では3桁どうしのたし算、ひき算、2桁×1桁を暗算で出来るまでになりました。
そして、「算数は自信がある」と、自分でも言ったり、難しい問題が解けると「すごいでしょー?」と言ってきたり…着実に成果が出てきました!!

3年間の成果は、「〇〇が出来るようになった」ということより・・・

「家庭学習の習慣がついたこと」「自信がついたこと」です!!

がんプリが少しでもお子様のお役に立つことが出来たら幸いです。




先取り学習カテゴリの最新記事