10と何に分かれる?①

10と何に分かれる?①

わが子は、繰り下がり引き算を理解する際に、引かれる数が10と何に分かれるかが初めなかなか理解が出来ませんでした。

どういうことか…わが子は減加法で教えましたが、減加法のやり方としては…

1)引かれる数を「10」と残りの数に分解する

2)「10」と引く数で計算する(減)

3)2)の答えと最初に分解して残った方を足す(加)

これですね!
この 「1)引かれる数を「10」と残りの数に分解する」がすぐにピンと来なかったようです。

理解しているお子様は飛ばしても大丈夫ですが、しっかり理解することで筆算にも繋がってくるので是非「遠回り」ではなく「近道」と思って取り組んで見て下さい!

繰り下がり引き算の教え方

 

このプリントの取り組み方としては

① 「十の位」を「10円玉」、「一の位」を「1円玉」にして、何個ずつ必要か考えます。
② 10に分けるのだから、「10円玉」を一個取ります。
繰り下がり引き算の教え方
③ すると、「10の位」の数(=10円玉の数)が、1個減るので、「3」を消して右上に「2」を書きます。

繰り下がり引き算の教え方
④ 最後に残った数を左の丸の中に書きます。

繰り下がり引き算の教え方

下の段には、十円玉と一円玉を書いていないので、「⑩」や「①」で書いてトライしてみてください。

関連記事①

関連記事②

がんプリ算数カテゴリの最新記事